横須賀市の賃貸・不動産・管理のことならハラビルディング > 株式会社ハラビルディングのスタッフブログ記事一覧 > 耐震基準

耐震基準

≪ 前へ|賃貸の鍵交換費用   記事一覧   北久里浜ラーメン縁!!|次へ ≫

耐震基準

カテゴリ:ブログ



新耐震基準の概要



耐震基準は、建築基準法に規定されている、建物の設計に関する基準のひとつです。

その創設は古く、関東大震災で甚大な被害が出たことから、1924年(大正13年)に施行されました。その後、幾度かの改正が行なわれてきましたが、1981年に非常に大きな改正がなされ、このとき定められたのが新耐震基準です。一般的に1981年以前の耐震基準を「旧耐震基準」、1981年以降のものを「新耐震基準」と呼んでいます。新耐震基準では、「震度5程度の地震で建物の構造に損害が出ないようにする」 「震度6強から震度7程度の地震の際、致命的な損害を回避し、人命を保護する」という大きな目的があります。

ほぼすべての建物に適用される


新耐震基準は、一部例外をのぞいて国内のすべての建物に適用されます。

一般的な賃貸マンションは、ほぼ100%適用対象になっています。

新耐震基準の効果とは


近年の地震による影響から見ても、大きな効果を挙げていると考えられます。

最大震度7を記録した1995年の阪神淡路大震災や、2011年の東日本大地震の際、旧耐震基準で設計された建物には大きな被害が出る一方、津波による被害を除いて、新耐震基準の建物が倒壊するような事例はほとんどありませんでした。

新耐震基準は絶対ではない

しかし新耐震基準を満たしていれば、今後発生が予想されている首都直下地震や南海トラフ地震のような大規模な地震に対して万全かと言われれば、必ずしもそうとは言い切れません。1981年時点での知見と技術レベルから定められた最低限の守るべき安全性であること、設計段階で偽装が行なわれた場合完全に見抜けないこと、複数の巨大地震が連続して発生した場合を想定していないこと、などの理由から「新耐震基準で100%安心ではないこと」は理解しておくべきでしょう。


賃貸売買、管理、リフォーム 不動産の事はすべてハラビルディングにお任せください!
業務内容:不動産に関する売買・賃貸・仲介
       資産運用に関するコンサルティング
       不動産賃貸管理
        リフォーム・リノベーション
横須賀市・三浦市を中心に不動産にまつわるご相談は不動産の専門家ハラビルディングまでご相談下さい☆
ハラビルディングでは、ゆっくりとお部屋探し、ご相談対応をさせていただけるよう、「事前ご予約」をお薦めさせて頂いております。
表記の営業時間外もご対応可能ですので、お気軽にお問合せ下さいませ。

LINEID:@harabuilding
≪ 前へ|賃貸の鍵交換費用   記事一覧   北久里浜ラーメン縁!!|次へ ≫
  • 売買物件成約事例
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • 内部ブログ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • LINE
  • Instagram
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ハラビルディング
    • 〒238-0014
    • 神奈川県横須賀市三春町3丁目18
      亀屋ビル 103
    • TEL/046-825-1041
    • FAX/046-825-1042
    • 神奈川県知事 (2) 第28149号
  • 更新物件情報

    2021-11-29
    桜が丘戸建の情報を更新しました。
    2021-11-29
    レオパレスFITⅡの情報を更新しました。
    2021-11-29
    レオパレスシーサイドBの情報を更新しました。
    2021-11-29
    モアナリノの情報を更新しました。
    2021-11-29
    MMAサンハイムの情報を更新しました。
    2021-11-29
    ビレッジハウス浦賀6号棟の情報を更新しました。
    2021-11-29
    レオネクストグランドハイツの情報を更新しました。
    2021-11-29
    サニーヒル田戸台の情報を更新しました。
    2021-11-29
    アルドーレ・カーサの情報を更新しました。
    2021-11-29
    ベルガーデン大津の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る